開院 1952年 天内獣医科病院

開院 1952年 天内獣医科病院

ttl-index-sb03.jpg

〔住所〕
北海道札幌市中央区
南11条西10丁目1-11

〔電話番号〕
011-511-0406

メールでのお問い合わせはコチラ

ttl-index-sb01.jpg

あまない獣医科病院は札幌市中央区に1952年開院の動物病院です。

札幌市中央区の動物病院
banner

ttl-filari-title01

フィラリアとは

spacer

フィラリアは、蚊が媒介する心臓の寄生虫です。犬の心臓や肺に入り込み、体にさまざまな障害をひきおこします。

spacer

フィラリア症は、いったん発症すると治療するのは大変ですが、きちんと投薬することで完全に予防することができます。

spacer
filari-bg-bottom
spacer
filari-img-top

Q.もう蚊なんかいない時期に、どうして飲ませなくちゃいけないの?


A.蚊の活動期間と投薬期間が一ヶ月くらいずれているのがわかりますか?フィラリアの薬というのは蚊に刺されなくなる薬ではありません。蚊にさされて体内に入ったフィラリアの幼虫をまとめて駆除する薬なのです。ですから、最後に蚊に刺されるのが9月下旬(札幌)だとすると、10月下旬に薬を飲ませないと、最後の月の予防ができないのです。その一回の投薬わすれが、一年の投薬を無駄にしてしまうこともあるのです。

Q.もしもフィラリアに寄生されてしまったらどうすればいいの?

A.フィラリアが心臓に寄生してしまうと、もう予防薬はあげることができません。予防薬によって、心臓の成虫が急に死んでしまい、血管に詰まったりして心臓発作のような重篤な副作用を引き起こします。一度心臓に寄生してしまったフィラリアを取り出すことは非常に難しく、徐々にゆっくり時間をかけて少しずつ虫を殺す薬を飲んでいきます。

Q.昨年飲み残したフィラリアの薬、もったいないからあげちゃった!大丈夫?

A.いけません。去年のお薬が残っているということは、飲ませなかった期間の感染の可能性を100%否定できません。 もし感染していると予防薬を飲ませることは大変危険です。 前年に規則どおりにお薬を飲まなかった場合は、事前に検査をして感染していないことを確認しましょう

Q.去年予防を忘れました。でも、ぜんぜん具合悪くないし・・。検査する 必要ある?

A.フィラリアは、寄生虫です。寄生虫は、寄生する主(犬)が死んでしまったら、自分も死んでしまいます。だから、子孫を残し終わるまでは、何事もないように犬の心臓に居座るのです。犬にフィラリア症の病的な症状が出るまでは、平均3年から5年かかります。虫は、それまでにたくさんの子孫を蚊に乗せて飛ばし、だんだん弱ってくる犬とともに死ぬ、という具合です。病的な症状が出てしまったら、もう直すのはたいへん難しくなり、犬は死を待つばかりになってしまいます。

spacer
filari-img-bottom
ペットホテル、フィラリア、ワクチン、避妊・去勢手術
ttl-content_side_img05.jpg
ttl-content_side_img04.jpg
ttl-content_side_img02.jpg
ttl-content_side_img03.jpg

Copyright © 2012 AMANAI PET CLINIC All Rights Reserved.